80/10/10ダイエットは食事量制限が不要な食いしん坊ダイエット

フルーツ食べ放題

食べるものは制限されるが、量は制限しなくていい。

果物と野菜と少量のナッツのみの食事で構成される80/10/10ダイエット。

一般人にとって、変態とも言えるであろうこの80/10/10ダイエットですが、
好きなだけ食べても太りません。

自分は超大喰らいです

ギャル曽根さんとか常軌を逸した大食いには全然比べるべくもないですが、それでも普通の人に比べると、相当大喰いだと思われます。

過去の大喰い歴の例

ファンケルの発芽米700gを一度に平らげる。

ファンケル発芽米

ドラッグストアで買ったファンケル発芽米700g(5合弱)を全て炊飯器で一気に炊き、茶碗を使わず炊飯器のまま一度に平らげた。
味付けなしで。

完食後まだ喰える自分に驚く。

アイスクリーム3リットルを一度に平らげる。

アイガーアイスクリーム

ニュージーランドのアイガーという会社が、
バニラ、チョコレート、ホーキーポーキー(キャラメル味)の三種類の1リットルパックのアイスクリームを販売しています。

アイスクリーム好きの人には結構有名だと思われます。
ホーキポーキーはかなり人気のようですね。

これら三つを一度に買って一気に喰いました。

これは結構キツかったと記憶している。
三つ、均等になるように食べていたような気が。

食事中~完食後しばらく寒気が凄まじかった。
風邪をひいている(最後に風邪をひいたのが10年以上前なのであやしいのだが)時に感じるような寒気がずっと続く。

翌日、白い便が出てぶったまげる(ご不浄ですまん)
他にも一日中くしゃみをしていた。

絶対にマネしないように(しないと思うけど)

宅配ピザLサイズを二枚を一度に平らげる。

ピザL二枚

(イメージ画像です)

Lサイズ二枚を一度に一人で喰ったことがある。
ピザはすぐ冷めてマズくなるから早食いの傾向になるのが良くないね(加熱料理全般がそうなのだが)
途中、温め治して食べてた。

他にもホールケーキ一気食いとか。色々。
…と、上に挙げた例は極端な例なんですが、
このような食いしん坊が、食欲のままに食べ続けたらどうなってしまうのか? 

デブ一直線です。

加工食品は言うに及ばず加熱料理は調理過程で栄養素が破壊される上に、歴史が浅いので腸が適応できていないので、消化にも時間がかかって必要以上に食べてしまうんですよね。

食べ過ぎにならず満足できるのがフルーツ

そこで太りたくない食いしん坊のために登場した救世主(メシア)が果物です。

多くの単糖を含む甘い果物を食べた時、すぐに血糖値は緩やかに上昇する。これは2章に記述してある。高い栄養素を持つ甘い果物は過食を抑えてくれる。さらに豊富な水分と食物繊維が含まれているのも要因であり、果物は相対的に体積が大きいにも関わらず、カロリーは少ない。さらに、過食することが難しい。

引用元:The 80/10/10Diet 筆者要約。

甘く熟したフルーツは、速やかに血流に糖分を補給してくれその他ビタミン等、体に必要な栄養素を必要な分だけ含んているので速やかに満腹感が訪れます。

更に付け加えると、甘く熟した果物を満足行くまで食べた時の自然な満足感は他の食べ物とは比べ物になりません。

加熱料理の満腹感は、体や臓器が重たいというか、どっしりした感じがする。

80/10/10ダイエットを知り、フルーツを食べまくっても太らないことを疑いながらも自分で検証して確かめた時は、その場で叫びそうになったね。
同時に色々な常識という壁が音を立てて崩れた瞬間でもあった。

一日30品目とかアホかと。

手を変え品を変え行われている食べ物を調理するという文化は、
ほとんどが体に栄養を取り入れるためでなく栄養素を犠牲にして、ただ舌を満足させる娯楽であると。
そんなことも悟ったのであった。

フルーツを食べまくっても太らない、それが判明したらもう我慢する必要はありません(食べる時は消化吸収の観点から一種類のみの果物を食べ続けることがおすすめ)

でも、果物だけ食べまくりだけではダメです。葉っぱもたくさん食べましょう。