英雄伝説アントンの軌跡Evolution トロフィーコンプ攻略まとめ(←ウソ)

軌跡シリーズの名脇役アントン。彼の波乱万丈の軌跡を辿る。
ちなみにアントンに両想いの恋人ができたらプラチナトロフィー(←大嘘)

アントンって誰よ?

リベール王国出身のパッとしない男性モブキャラ。思い込みが非常に激しい。
恋の迷い人であり、(自称)ポエマーでもある。

初めは出身のリベール王国で運命の人を探していたが、エステル出身の町ロレントでとある女性に惚れ、アタックするも玉砕。心に大きなキズを負うことになる(後述)

そこからどうにか立ち直った彼は、大失恋の傷心を癒やすために自国を飛び出し、クロスベル、エレボニア帝国等を、親友のリックスに支えられながら(?)自分を癒やしてくれる運命の人、あるいは自分探しをしに、各地を放浪することになる……。

各地で彼が引き起こす空回りっぷり、ポジティブとネガティブが入り混じったチグハグでシュールな言動、哀愁が漂うポエム。

これが見てて非常に面白いので、モブキャラに定評がある軌跡シリーズの中でも一際輝いている名モブキャラ。
近くでいつも彼を生温かい視線と適当な態度で見守っている親友のリックスと我々プレイヤーはシンクロしている。

軌跡シリーズ皆勤賞?

……ではない。残念ながら。

実は碧の軌跡では登場していない(確か)
本当の皆勤賞は某「怪盗B」だけである。

ちなみに碧の軌跡に登場しない理由はエレボニアに行ったからだろう。

この記事は今までの軌跡シリーズでのアントンの登場を画像と共に振り返り、
西ゼムリア大陸のリベール・クロスベル・エレボニアと各地に足跡を残した「アントンの軌跡」を辿るものである……。

アントンのテーマ

零の軌跡でアントンがフランに失恋する時に流れる曲。
曲名としては「想い破れて…(Feelings Crushed…)」なのだが、

なぜかアントンのテーマとして定着している。
この記事を読む時はこれを流しながらがいいかもしれない。

===================

※ちなみに完全に余談であるが、↑は公式からアップロードされている動画。
ファルコムは「ゲーム音楽フリー宣言」を行っており、演奏会や何かの催し、施設のBGMにする等で、ゲーム内の音楽を使用するのは(条件に当てはまる限り)完全に自由。
どっかの某団体と違ってありがたいことです。

(ちなみに僕も以前の職業で使わせていただく機会があった、ありがとうございます)

===================

アントンの軌跡

作品順に画像と共に振り返ってみる。
(滅茶苦茶多いのでダイジェスト風で)

※ある意味凄まじいネタバレ。

空の軌跡FC

グランセル

初登場はFC終章のグランセル。
この時点では、東地区のマーケット近くでのんびりしているただの男性モブキャラ。
このマーケット近くでよく見かけるお姉さんが気になるらしい。

この時今みたいな大躍進を遂げるモブキャラクターに変貌するとは誰が予想できただろうか。

彼女を作って一緒に武術大会を見にいきたいらしい。
そう思い、色気づいた彼はある行動に出る。

その女性に告白をし振られる。しかもこっぴどく。嫌いとまで言われる。

ちなみにアントンが告る前にこの女性に話しかけると、彼が常日頃送ってくる視線をしっかり気づいており、そのことをキモがっていることがわかる。

===================

ちなみに、

※基本、(特に可愛い)女性は男性からいやらしい目で見られることが多いので、防衛本能のためかその手の視線にはとても敏感です。
自分も直接女性の知人に聞いたことがあるが、やはりそうらしい。
男性の皆様は気をつけましょう。

===================

振られたショックで機嫌が悪くなり、リックスにあたるアントン。

その態度にやれやれ……なリックス。

事件解決後。
周りの人間はみんな女王生誕祭で浮かれているも、
失恋のショックからか心の晴れずやる気のないアントン。

そんなアントンの様子を見て、特に面白いことも起こらなそうだと悟ったリックスは気晴らしに町をぶらぶらすることを提案する。

FCの出番は以上。
……ここまでだったらまぁよくあるモブキャラクターなのだが、
彼の大躍進は空の軌跡SC(正確にはとあるイベント)から始まる。

空の軌跡SC

セントハイム門

なぜかセントハイム門に来ており、
屋上で「成年?の主張」をしているアントン。

生誕祭直前でひどい振られ方をしたので、生誕祭自体がいやな思い出として刻み込まれたらしい。

そんなタイミングで結社ゴスペルの実験による地震が発生。
あやうく屋上から転落しそうになるアントン。

その後、

失恋と恐怖体験のショックでなぜか硬い床に寝転がるアントン。
ショックな出来事が続きおかしくなってしまわれた。

うん、確かに邪魔だ。

硬い床に寝転がって無為な時間を過ごすことにより、何かを悟ったのかいきなりテンションがあがるアントン。

まぁ、また面白くなりそうだから全然OKですよね。

グランセル

そんなこんなで結局グランセルに戻ってきたが、
セントハイム門でのテンションの上がり用はどこへいったのやら、また自らに問いを投げかけるアントン。

親友の悩みをまったく意に介していないリックスが笑える。

FCでアントンに告白された女性が当時のことを語る。
これはひどい。

何かを叫びながら走っていたのだろうか。

全力疾走をすることで蓄積された鬱憤をはらしたのか、再び前向きになるアントン。
そんなこんなで彼は旅立つ決意をする。

ボースに行くことにし、飛行船に乗るが……。

渡航中に濃霧が発生しロレントに緊急着陸。
またしても結社によるコスペル実験の影響に阻まれる。

結社のせいです。

ロレント

アントンが有名(?)になったのはこのイベントあってこそ。
ここでのメインキャラクターを巻き込んだイベントは印象に残っている人も相当多いのではないかと思う。

ある女性との衝撃的な出会いは悲劇を喜劇に変えた(←謎の表現)

不時着後ブレイサーギルドで今後のことを相談する。
その特に応対してくれた受付のアイナさんに一目惚れ。
コクるらしい。

面白そうな展開になると思ったのか、ノリノリなリックス。

アイナさんの情報を集めた結果、超酒豪であることがわかって下戸らしいアントンヘコむ。

ってか今思ったんだが、一人称が安定しないな。

あきらめきれないアントン、ある策を思いつく。
それを成就するためブレイサーギルドに依頼を出す。

ポエムはよそでやってください。

依頼内容は「あるもの」を調合するための材料を調達してきてほしい、ということだった。
依頼内容を聞く所からボイス付き。

上の画像に書いてあるけど、「デセアトの秘薬」ね。
酔わなくなるらしい。

教会の教区長さんに調合してもらい、念願の秘薬を手に入れこれまでになくテンションのボルテージが振り切っているアントン。

突然の展開に驚く一行だが、
面白そう&アイナさんとの酒勝負に勝てるかも、とノリノリなオリビエ。
ここからが超面白いけど省略。

数刻後……。
ロレントのホテルの一室にて、

そこにはバスタブで、服をきたまま冷たいシャワーを浴びるアントンの姿が。
結果的にアントンの告白作戦は大失敗に終わる。

火酒とはアルコール濃度が極端に多い酒のこと。ウォッカとか。

直後のオリビエ。
システム上のミスなのか、ここでいいえと答えるといきなり素面に戻る。

この人血管にアルコールが流れているんじゃないか?
または何かの異能とか(ロイドのたらし性質みたいに)

グランセル

現実にうちひしがれてグランセルに戻ってくるアントンだったが、
なぜか詩を詠い始めるアントン。

ポエマーアントンデビュー。
SCのアントンはこれで完結。

空の軌跡3rd

クローゼとシェラザードの過去エピソードにそれぞれ登場する。

ジェニス王立学園(二年前?)

なんと、FC本編開始以前の彼らはなんとジェニス王立学園の学生だった。
専攻は社会科らしい。

クローゼは先生から、渡し忘れた生徒にプリントを届けるよう頼まれる、その一人がアントン。

留年が決定したからヘコんでいるらしい。

初対面の人間にンなこと話されたらそりゃ対応にも困る。

ちなみにここのイベントもボイスあり。

グランセル(五年前)

上のちょっと過去の二人。

(何かの間違いで)ジェニス王立学園に合格したアントン。
たぶん彼は人生の運をここでほぼ使い果たしてしまったのではないだろうか。

ちなみにここのアントンはめっちゃキラキラしている(文字通り)
そしてリックスがさらりととんでもないことを言い放つ。

零の軌跡

舞台は変わってクロスベル。

三章

クロスベル創立記念祭で登場。

自分探し(という名の現実逃避)でクロスベルを訪れたらしい。
しかし。

翌日アントンは旅費が入った財布を落とす。

現実逃避のためポエムを詠い始めるが、
この後ある娘との(彼曰く)運命的な出会いを果たすことになる。

四章

創立記念祭が終了し、インターミッションを経て四章になると特務支援課にこんな依頼が入る。

ロレントの時の依頼内容よりかは全然まともになった。

落としたサイフを拾ってくれた娘(フラン)に恩返しをしようぜイベント。

この時のリックスのコメントが面白い。

イベントの内容は省略します(これも面白い)

フランに大好きな人がいると聞いて、告白せずに身を引くアントン。
思い込みの激しさは異常だが、今までの失敗から物事を幾分好意的に捉えられるようになった。
成長したなアントン。

両想いオメデトウ。

ちなみに

ティオが言うとシャレにならん。

だが、まぁこれはわかる。
なぜなら

フランはロイドがクロスベル警察に正式に赴任した後、初めて会って且つ親切にしてくれた人だからだ。
よくわからない部署に配属されて困惑している最中だったので印象に残っているだろう。
支援要請達成報告の窓口もやっているし、プレイヤーの印象も残るキャラクターだと思う。

閃の軌跡

そんなこんなでクロスベル旅行から一旦帰国後、今度はエレボニアに旅行に行く。
それにしてもこの二人の行先はかならず祭りがやっているな……。

バリアハート地方で迷子になっている所をⅦ組に助けられて、パーティIN?したり

首都ヘイムダルに出没して勝手に落ち込んだりしている。
モデルが特別な上級モブキャラクターとして格上の扱いを受ける。

トールズ士官学院祭

めっちゃはしゃぐアントンを冷静に分析するリックス。

相変わらず各地で可愛い子を見初めては勝手に落ち込むを繰り返している模様。

オマエ留年してんじゃねーか。

そんな中、ひょんなことから第三学生寮管理人のシャロンさんに(曰く運命的に)出会う。

実際何人目なんだろうか。

あの後そんなことがあったのか。

シャロンさんの料理を食べすぎて腹痛で動けなくなるアントン。

学院祭終了後帰国する前、
シャロンさんに告白しようにも今までの古傷?がうずくのか行動にうつせないアントン。

見かねたリックスは先に帝都で待ち合わせをすることにするが……。
リックスのこの行動が二人の運命を大きく動かす(今回は本当)

閃の軌跡Ⅱ

リックスが帝都に向かった直後にエレボニア帝国で内戦が発生。
爆心地である帝都に向かったリックス行方不明に。

各地でリックスを探すアントン。
こんな所にまで出没するところが彼の必死さを表している気がする。

ちなみにこの時はクロスベルがATフィールド(←古い表現)に防御されている時。
フランとか、過去シリーズのキャラクターが登場するとニヤリとしてしまうよね。

その後猟兵崩れを退治していたら、リックスを発見するが……。

リックスは記憶喪失になっていたことが判明する。

アントンはどうにかして彼の記憶を取り戻そうと過去の出来事を片っ端から(誇張して)話すが、案の定ウザがられる。

ポエマーというキーワードにリックスが反応。
彼はアントンのボケで記憶を取り戻す。

この走馬灯?は泣ける。

いつも冷静なリックスから出る本音。まぁ恥ずかしいだろう。
通常なら、ここで大切なもの(リックスとの絆?)はもう既に手に入れて、外に探しに行くまでもなかった。ちゃんちゃん。で終わるところだが……、

そんなことはなかった。

完全復帰したアントン。
シャロンさんに想いをぶつけるため、トールズに再び舞い戻ってきた。

過去の経験を活かそうと意気込むアントン。
うーん。とりあえず酒は飲むな、ってことか?

ほっぺたにチューされました。

いままでろくな目にあわなったのに、すごい進化。
自分も実際これを見たときはこの展開を予想していなかった。

内乱の出来事が彼を変えたということなのだろうか、ということにしておこう。

シャロンさんはサービス精神に溢れる人だからと言うのもある。
また過去執行者として闇に生きてきた(と思われる)のもあって、直球で好意をぶつけられることに何か思う所があったのだろう。

今まで完全なギャグ要員になっていたがここに来て風向き(ガイウス?)が変わったアントン。

フィーの言う通りに道が開けるといいんだけどね。

閃の軌跡Ⅲで登場するかわからんが、
アントンの顛末も非常に気になる昨今。
でなきゃこんな記事かかねーよ。

というかアントンの受難は少なくとも軌跡シリーズが一通り完結するまで続くだろう。

という訳で、またアントンが出てきたら書き足す。