C#初心者が本を参考に筋トレ用?のインターバルタイマーを作ってみた

インターバル付きタイマー

インターバルと言うが、二つタイマーがあるだけです。

以前⇧の本でC#を少しかじり、なんか作ってみよっかなーということで、自分で使いそうなソフトを練習用で作ってみた。

本の紹介を最初にしておきます。

この本で最初に練習として作るのがタイマーです。そのタイマーを少しアレンジしただけ。
他にも「付箋メモ」「占い」「間違い探し」「Gmailチェッカー」「家計簿」を学びながら作れます。

冒頭でプログラムとは?から始まり、オブジェクト?クラス?インスタンス?とか初心者がつまづきそうな意味不明な単語群も料理等に例えて噛み砕いて説明していますので、C#と関係なくプログラム初心者が読んでもすんなり入り込めると思う。

今回作ったソフトは自分は筋トレ用のインターバルタイマーとして使ってますが、別に筋トレではなくて、勉強のインターバルでもなんでも使えます。

ここからダウンロード

使い方

残り時間とインターバルを設定する

  1. 「残り時間を設定する」と「インターバルを設定する」に分と秒を入力する。
  2. タイマースタートを押す

以上です。

インターバルをスタートしたい時にはインターバルスタートを押しましょう。
もちろん残り時間タイマーは秒数をカウントし続けます。

タイマー終了

タイマー終了時。
自分で言うのも何だが何の面白みもない。
終了時にはwindowsのアラート音が鳴ります。

インターバルは残り時間より小さな時間を入力してください

インターバルを残り時間より大きくすると怒られます。

タイマーをリセットする

「設定時間をリセットする」を押すと入力欄が空欄に、
「タイマーをリセットする」を押すとタイマー欄が0にリセットされタイマーがストップします。

一時停止機能はないです。

最大999分59秒

誰がそんな時間設定するのかって感じですが、一応999分59秒まで設定可能。
○時間表示にするのは面倒だった。