laravel5・ajax・jqueryのPOSTをmysqlに格納するサンプル

laravel5・ajax・mysql

laravel5・ajaxでmysqlのテーブルにデータを登録してみます。

仕様

  1. 二つのテキストボックスにそれぞれ名前とパスワードを入力した後に送信ボタンを押す
  2. 画面が更新されることなく入力したデータがmysqlのuserTBLに登録される
  3. データの登録をお知らせするアラートが出て終了

テーブル

IDは自動採番。テーブル名はuserTBL。

サンプルコード

ルートディレクトリ以下にhogeというプロジェクトを立ち上げています。

以下、ルートディレクトリ/hoge//public/dataadd/にアクセスすると登録画面が表示されるという設定です。

ファイル一覧

  • route.php
  • dataadd.php:登録画面表示用
  • add.js:ajax制御用
  • dataaddcon.php:データ登録用

それとjquery。

route.php

登録画面のdataadd.php読み込みと
ajaxがaddにPOSTした際にデータ登録のdataaddcon.phpが発動。

dataadd.php(/resoueces/views/)

add.js(/public/js/)

データをPOSTで渡してから、戻ってきた文字列によってデータ登録の成否をお知らせ。

dataaddcon.php(/app/Http/Controller/)

add.jsからの文字列の受け渡しのために、Input::get()とResponse::make()を使います。
文字列の受け渡しとデータベース操作のために

この三行を追加。

↓もしuse Inputを追加してエラーになった時

laravel5laravel5・ajax・jqueryでPOSTするサンプル 1 user
西暦を平成○○年に変換する、laravelフレームワークを適応したajaxのサンプル

テーブルへの登録は一行で完了します。凄くスッキリしてますね。
laravelはcakephpより少量のコードで書けて楽。

↓cakephp3で同じことやる

cakephp3・ajax・jqueryのPOSTをmysqlに格納するサンプル
cakephp3・ajaxでmysqlのテーブルにデータを登録してみます。