ポケットモンスターブラック2・ホワイト2 感想・評価

なんだかんだ言ってポケモンは面白い。

ちなみに買ったのはブラック2の方。
前作もブラックを買ったんだけど、なんとなく揃えてしまった。

今回は好きなように旅パ汲んで何も考えずに進めました。
前作の続編なのですが、ボリュームは過去最大級と言っていいかと。
旅パ6匹が最終的にレベル80超えとか。

良い点

  • スプレーの連続使用が可能に。
  • アイテムのフリースペースの存在。
  • ワールドトーナメントやくろのまてんろうの存在。
  • 対戦トレーナーのアニメーション。
  • 前作ポケモンが最初からいることでパーティのバリエーションが広がった。
  • 同じ舞台の続編というのが初めてなので、かえって新鮮に感じた。
  • ポケモンと人間の関係のテーマの持っていきかた。
  • エンカウント率が緩くなった。
  • イッシュリンクで前作のキャラクターのエピソード、主人公の名前がリンクした所。
  • ジムの演出。

改善してほしい点

  • DSだからか処理落ちが非常に多い。
  • Lボタン(便利ボタンにしてほしい)。
  • プラズマ団の扱い(ゲーチス除く)。
  • ダークトリニティって誰やねん状態になりかねないこと。
  • 交換システムが面倒くさい。
  • ポケモンブリーダーが鬱陶しい。
  • やっぱり通信で6vs6ができない。
  • 対人戦のバランス。

シナリオ

前作で広げたポケモンと人間のテーマをどう収束させるかがしっかり練られており、筋が通ったシナリオだな、と思いました。

現役プラズマ団とゲーチスは引き立て役ご苦労様です。
ライバルはむしろ主人公ポジなのではないかと思った。

アクロマは結構好き。良くも悪くもまったくブレないところが。
そして、このポケモンブラック。ホワイトシリーズはNの物語ということでおk?
前作主人公は伝説なりましたとさ。

その他

くろのまてんろう

くろのまてんろうの凶悪さはかなりスリルがあってたまらんかった。
ポケモンにはレベルをあげた後俺つえええええ、する場所が少ないから、こういう施設があるのは非常に良い。

「ゲートトレーナーは女性」
「ゲートトレーナーは女性」
「ゲートトレーナーは女性」
の連発にはうんざりだったが。

旅パ

くろのまてんろうのせいで旅パが大変なことに。

クロバットジバコイルルカリオドリュウズヒヒダルマダイケンキ

上の6匹を連れて回っていたのだが、6匹ともレベルが83~84まで上昇。
パーティの数を少なくしたり、交換ポケモンを使えば100も夢じゃない。

モブキャラ

四番道路のモブキャラの
「遺跡があった場所もどんどん開発されていく・・・・・・歴史を塗り替えるって案外こういうことかも」
というセリフが何故か印象に残った。

要所要所に妙に印象に残るセリフを言うモブキャラがいるので、そういった所も楽しめる。
「おじさんのきんのたま」とかな!