ロックマンロックマン 感想・評価

ロックマン好きなら絶対買え!

……と稲船氏も言ってたらしいのですが、本当にその通りだと思う。

ロックマン好きでなくても、ロックマンを今までプレイしたことあったり、アクションゲームが好きな人は是非手にとってほしい素晴らしい逸品。

このゲームの推しどころを挙げてみる。

ボスキャラクターの追加

原作ロックマンでは、ボスキャラクターが六体しかいませんが、本作ではタイムマンとオイルマンが追加されて八体になっています。

それらの追加されたボスも含め、絶妙なキャラクター付けがなされており、デモの会話はすごく楽しめます。

デフォルメされたキャラクターなので、ゲームの雰囲気に飲まれるとワイリーが世界征服しようとしているという事を忘れてしまいそうだ。

ボスキャラクターをプレイヤーとして操作できる

一度ゲームをクリアすると、ロックマン以外の8ボスをプレイヤーとしてゲームを始めることができます。(ロールとかブルースも操作できたりする)

その場合、本来自分が操作しているボスキャラクターのポジションには、ロックマンがボスキャラクターが登場します。
ガラが滅茶苦茶悪くなってます。

それぞれのボスキャラクターの得意武器で進めていくことになるので、難易度がボスキャラクターによって全然違います。

オイルマンが一番難しいんじゃないかな……?

コンストラクションモード

ステージを自由に作成できるモードです。

自分で作ったステージをネット上に配信して、遠く離れたプレイヤーにプレイしてもらったり、誰かが作成したステージをプレイすることも可能です。

とりあえず、「アルティメット○○マン」のステージをプレイするのがおすすめ。
本編だけでも、凄いボリュームなのにこんな機能もあるとは。

チャレンジモード

お題。

易しいものから難しいものまで全部で100問あります。
難しいお題は相当難しい。

これが全部できたら、一流のロックマンプレイヤーを名乗ってもいいんじゃないかってレベル。

まとめ

オールドモードというBGMを原作バージョンでプレイできるモードもついている。

操作性も良好だし、難易度も三段階あって更に色々なキャラクターでプレイ可能、キャラクターごとにしっかりボスキャラクターとの会話でもが用意されているので、何回プレイしても楽しめる。

ロックマン好きでまだ持ってない人は是非やってみてちょーだい。
ロールの声はロックマン8のやつがよかった。

カットマンが可愛い
カットマンが可愛いすぎて萌え死にしそうだ。
声も口調も謙虚な性格も何から何までツボに入った。
2が出ないのが非常に残念。

なんでも理由が宣伝不足であまり売れ無かったらだそうですが。
Mighty No.9が楽しみだぞー!