シアトリズムファイナルファンタジー 感想・評価

FFシリーズのサントラを買うような層には神ゲー。

私はサントラを買う層だったので、買った瞬間からハマりました。

どのくらいかというと、10時間以上ぐらいぶっ続けで、ペンを画面にタッチしていました。
後に手が痛くなった。

システム

イベントミュージックシーン(EMS)という、シリーズごとの名シーンを見ながらプレイするモードがあるのですが、正直泣きそうになった。
過去のFFを引っ張りだしてプレイしたくなる。

肝心の選曲に関しても文句なし。
ファンのツボを抑えた素晴らしいラインナップだと感じました。
製作陣が検討に検討を重ねて、収録曲を取捨選択したことが伝わってきます。

スライドトリガーの判定がイマイチとか、そもそもスライドトリガー自体がみにくい(矢印の方向)とか細かい不満点がありますが、そんなことも気にならないくらい大満足です。

追加コンテンツ

上手い商売だ。
本ソフトには、歴代のFFのBGM曲が50曲程度収録されていますが、それとは別に、追加コンテンツとして配信曲が購入できるようになっています。

一曲150円で購入できるのですが、
その曲群のラインナップも、すげーいいんだわこれが。

このゲームに熱中している人なら、それを見て買わずにはいられない、という人も多いかと。
この追加コンテンツをどう捉えるかは人によるでしょうねぇ。

ユウナはオッドアイ

ユウナがちゃんとオッドアイで安心した。