零の軌跡 Evolution トロフィーコンプ攻略まとめ

零の軌跡 Evolution

零の軌跡 Evolutionのプラチナトロフィー獲得攻略記事。

プレイ時間・難易度

102時間。
難易度:35 
戦闘の演出が飛ばせない&三周。

トロフィーコンプには三周かかった上、戦闘を倍速にできないし、カットできない演出も多いので、嫌でも時間がかかります。

もともと『継続の粋人』という100時間トロフィーがあるので、ちょどいいといえばちょうどいいのかもしれないが。

感想

三周しなければいけないのが非常に面倒だった。これも『孤高の捜査官』『腕利き捜査官』『伝説の捜査官』この三つのせい。

これが不評だったのか、そうでないのか知りませんが、この作品以外の軌跡シリーズのトロフィーは最低二周で大丈夫になったようですね。喜ばしい限りです。

最後まで残ったトロフィーは戦闘勝利回数1000回の『歴戦の勝者』。

一周目は孤高の捜査官のためにレベルを極力低く保ちつつ進めなくてはいけないし、その後、二周目以降でレベルを引き継いだら戦闘をする必要がほとんどないということで、戦闘回数が必然的に抑えられ、最後250回ほどの戦闘を三周目の太陽の砦で繰り返すハメに……。

戦闘倍速機能がないので、このトロフィーだけでも相当時間が取られるんですよねー。

後、大変だったのは『天眼の識者』で、各地のシャイニングポムに遭うのが本当に面倒だった。

遭遇確率が低すぎな上に先制攻撃をしないと、高確率で先手を取られ高確率で逃げられる。という非常に困ったちゃんでした。

自分は運が悪かったのか、各地のシャイニングポムを全部登録するのに、二時間弱はかけたんじゃないだろうか。

強いボスはいません。ラスボスだろうと二周目以降限定のボスのレグナ・ヴリエルだろうと、二周目以降ならナイトメアでも苦戦することはありませんでした。

戦闘関係で苦戦することはほばないかと。楽なのはいいんですが、その分退屈だったりする。

トロフィーコンプにはおおむね三周が必要

難易度ノーマル以上イージーで取れる)レベル40以下クリアの『孤高の捜査官』。
難易度ハードでクリアの『腕利き捜査官』。
難易度ナイトメアでクリアの『伝説の捜査官』。

ハードでレベル40以下クリア→ナイトメアクリア、という手順を踏めば一応二周でこの三つのトロフィーをとることができますが、『~との絆』を一周で二つ取得するには非常に面倒臭い。絆パラメータはゲーム中に確認する手段がないので、それもふまえた緻密な計算が必要です。

ハードでレベル40以下クリアを達成するのも大変なので、素直に三周することを推薦。
イージー→ハード→ナイトメア。

PSPで零の軌跡をプレイして、このゲームのことを知り尽くしているなら話は別ですが。そういう上級者の方は二周でやっちゃって大丈夫です。

二周目以降引き継ぎ要素について

ゲーム中で実績を得ると、実績に応じたポイントが獲得でき、そのポイントで引き継ぎ要素を開放することができます。
一度開放した項目は三周目になっても四周目になってもずっと引き継ぐことができます。

引き継ぎ要素のうち、絶対に引き継ぎたいのが、

  • 武器
  • 防具
  • アクセサリ
  • クォーツ
  • コンビクラフト

の五つ。一周でとれる数に限りがある要素だからです。
後はステータス。戦闘が楽になるので、周回プレイがとても快適になります。

釣り手帳や料理手帳は一周目のプレイで網羅したなら引き継ぐと良いでしょう。自分は手帳関係は三周目でまとめて埋めたので、いっさい引き継ぎをしていません。

ちなみに、三周目でまとめて手帳を埋める方針にするととりこぼしが発生する危険性が大きくなるので実際のところあまりオススメはしません。

釣りはともかくレシピは取得時期を取り逃すと取り返しがつかないので。
三周目で取りこぼしをしないために、一周目、二周目で埋められるものは埋めてしまうことをおすすめします。

自分の三周プレイ記録

全体の方針

自分は時間の節約のために、一周目、二周目は支援要請をほとんど手をつけておらず、前述したように、レシピ、釣り等三周目に回せることは全て三周目に回しました。

そういった早解きプレイをする際にでも、最低限取っておくといいものが以下のアイテム。

  • 闇医者グレン交換の各最強武器(一周に一つ)
  • 捜査官6th達成で手に入る『闘魂ベルト』
  • コッペへのエサやりコンプリートで手に入る『双児珠』

闇医者グレンは実績にもなっているので、絶対に必要です。
ゼムリアストーンでの最強武器はティオ一択。

闘魂ベルトは戦闘中CPが自動で溜まっていく超強力アイテム。捜査官6th達成で手に入ります。魔獣退治の支援要請だけをこなし、後はインターミッションの教会の先生など、簡単にこなせる支援要請を多少こなしてあげれば、終章に行く頃には手に入ります。

双児珠はアーツの詠唱時間を半分にするクォーツ。零の軌跡はアーツが強いゲームなので、これを絶対に手に入れた方が良い。

絆はランディがおすすめ。ロイドとランディのコンビクラフト、バーニングレイジⅡは他のコンビクラフト、Sクラフトと比べてもぶっ飛んだ威力です。

零の軌跡はぶっちゃけ、バーニングレイジ&アーツゲーです。

一周目

  • 難易度はイージー
  • 孤高の捜査官取得を目指す
  • 絆はランディ
  • 支援要請は魔獣退治以外は基本的に放置
  • レシピ、釣り、戦闘手帳も放置
  • 『闇医者グレン』は集める
  • 捜査官ポイントは6thまで上げて『闘魂ベルト』まで頂く
  • コッペへのエサやりコンプリートで『双児珠』は入手する

黒の競売会

黒の競売会では、リセット&ロードを繰り返して実績を三人分取得しよう。

一周目で取得した実績

簡単なのだけ狙ってます。

  • 新米捜査官:50
  • ブックコレクター:100
  • インテリアコレクター:50
  • 至高の剣:100
  • 力戦の勇士:50
  • 起死回生:50
  • 連戦連破:50
  • 八頭撃滅:50
  • 不倒の勇者:50
  • 勇往の獅子:50
  • 孤高の捜査官:150
  • 星の狩人:50
  • 月の狩人:50
  • 太陽の狩人:50
  • 身分違いの恋:50
  • 世慣れぬ兄妹:50
  • 悪友の誘い:50
  • ランディとの絆:50
  • 各章クリアで取得できる実績:300

これで合計1400ポイント。これで、

  • 武器
  • 防具
  • アクセサリ
  • クォーツ
  • コンビクラフト強化
  • ステータス
  • 消費アイテム
  • 戦闘手帳

二周目は以上の項目を引き継ぎました。
成果としては十分すぎるほどです。

二周目

  • 難易度はハード
  • 腕利き捜査官取得を目指す
  • 絆はエリィ
  • その他は一周目と同じ

一周目と同じで寄り道無しプレイ。
スターブラストは範囲の広さが魅力。

三周目

  • 難易度はナイトメア
  • レシピ、釣り、戦闘手帳、支援要請……等全ての項目を網羅する。
  • 残りの実績を取得
  • 絆はティオ

三周目にプレイ時間が集中している。

各トロフィー攻略

孤高の捜査官

トロフィーの説明欄には「難易度ノーマル以上、全員レベル40以下でゲームをクリアした」とあります。

色々なところでイージーでも問題ないと言われていますが、本当にイージーで問題ないです。
太陽の砦でゲスト加入するエステルとヨシュアを含め、誰一人レベル41以上にしてはいけません。

低レベルに抑えなくてはいけないので、できるだけ戦闘をしてはいけないのですが、ラストダンジョンで初めて意識すれば良く、

  • ラスダンの太陽の砦で極力戦闘をしない。
  • 戦闘をしてはいけないので、魔獣宝箱は一切あけない。
  • 第二層のデモニクスは逃げる。

これだけ守っておけば基本大丈夫です。

トレジャーハンターはどうせ一周目は獲得できないし、宝箱の中身はほとんど武器防具なのですが、IBCで事前に最強防具を作成しているはずなので、ぶっちゃけあまり役に立つものは入手できません。

デモニクスから逃げる

何故か逃げてもぶちのめしたことになっている。
おいおい……(逃げても話が進むのが)メチャクチャすぎんだろ。

絢爛攻守は無双の烈士と一緒に

『絢爛攻守』はタクティカルボーナス3.00以上獲得で取得。

この実績は一周目のうちから、できるだけ実績ポイントを獲得したいのであれば、早めに取得すればいいのですが、実績ポイントを必要としないのなら二周目以降のレグナ・ヴリエル戦で『無双の烈士』と一緒に取得するのが効率が良いです。

レグナ・ヴリエルタクティカルボーナス

レグナ・ヴリエルは大量の経験値をくれるので、この戦闘でタクティカルボーナスを稼ぎまくってレベル50にするのが一番楽。

カラミティクロウで敵のスピードを下げて、ひたすらアイテムを使いまくりましょう。

連戦連破

チェインバトル三連戦勝利で取得。

三連戦の状況をつくるには、うまく敵の誘導をする必要あり。

ですが、四人パーティだと、敵が集まる前に敵シンボルに触れてしまったりと、やみくもに誘導してもうまくいかない。

やり方

連戦連覇1星見の塔のこのフロアが敵が密集しているのでやりやすいです。

連戦連覇2

まず上のような位置関係を作り、

連戦連覇3

左右の敵に発見させ、若干誘導してから、正面の敵に突撃しましょう。

もしうまくいかなくったりして敵を調節したい時は、範囲が広くヒット時の硬直時間の長いランディがおすすめ。

シャイニングポム

レアモンスター、シャイニングポムは次の四カ所で出現します。

東クロスベル街道

東クロスベル街道のシャイニングポム

三角州のバス停の近く。

ウルスラ間道

ウルスラ間道

ウルスラ病院から少し西に行った所。

マインツ山道

マインツ山道

人形工房のバス停付近。

西クロスベル街道

西クロスベル街道

ベルガード門から東に少し歩いた所。

シャイニングポムの出現率はかなり低い

出現の判定は町等の拠点に入ると行われるので、ひたすら入っては(バスに乗り)現地に行く、を繰り返しましょう。

あらかじめ鷹目をつけておいて、画面右上のマップで敵シンボルの数が変化しているかを確認しつつ探しましょう。

繰り返しますが、出現率は本当に低いのでなかなか出ないからってすぐにあきらめないように。

またエンカウントしたからって浮かれてバトルスコープ使用を忘れないこと。忘れるとやり直すハメになります。

百花迎撃

最後まで残ってしまった実績ワーストⅡ。この実績は意識しないとなかなか回数が蓄積できません。
自分と同じように最後まで残ってしまった方は、

ビジョウ

太陽の砦第四層のビジョウ相手に、ロイドのスタンブレイクとエリィのワイルドスワンで回数を稼ぐと良いです。

こいつは高確率でアーツを詠唱します。
もしくは第一層のキノコみたいなピンクの魔獣も良いかも。

他トロフィー

ブックコレクター

クロスベルタイムズを購入するのを以外と忘れがちなので、注意。

継続の粋人

三周して全ての実績を取得しようとすると、勝手に100時間に到達してるはず。

百万長者

意識して稼ぐ必要全くなし。終章になったらIBCにセピスを全部換金しよう。

その他

顔グラがキレイ

顔グラがキレイ

PSP版を経験している自分としては非常に驚いた。

イラストの色味や線が非常にクッキリしていて顔イラストはPSPからVitaになって相当綺麗になっているように感じた。

ボイス

いつものことながら支援課メンバー等、メインキャラクターは声がついて魅了超倍増。

だが脇役と主役級の人間が一緒に喋るシーンの落差が凄い。

プレイ中一番「うわっ……」と感じたのが、マインツ村長の婦人と、終盤でクロスベル支部の遊撃士が集合する時。

何かしらコレ?

料理ボイスはPSP版の方が好きでした。

BGM

BGMが全てアレンジバーションに差し替えられています。
全体的にPSP版のオリジナルBGMの方が圧倒的に良い。

オリジナルのPSP版をプレイせずに、これをプレイした人は曲を比べなくて済むので運がいいかもしれない。

それくらい曲に関してはガッカリでした。そのままでよかった。
碧の軌跡 Evolutionも全部アレンジだと聞いたんだが。

バグ?

ティオがぼっち1

ティオがぼっち2

ティオがぼっち3

一周目のラスボス戦。ラスボスにある程度ダメージを与えると、足場が落ちる。

それに巻き込まれると、しばらくVANISH状態になる。それでまたしばらくすると復帰するんだが、復帰したティオが何故か後ろの離れた場所に飛ばされた。

ちなみにこの時エリィも一緒に落ちたはずだったが、エリィはちゃんと元の場所に復帰した。
グノーシスの呪い?(不謹慎)

お気に入りBGM

Get Over The Barrier!


チェイスバトルとか銀戦の曲とかも好きだが、やっぱこれが一番。
Evolutionでは聞けないがな!

碧の軌跡Evolution碧の軌跡 Evolution トロフィーコンプ攻略まとめ
碧の軌跡 Evolutionのプラチナトロフィー獲得攻略記事。 これはどういう状況なんだ。
英雄伝説アントンの軌跡Evolution トロフィーコンプ攻略まとめ(←ウソ)
軌跡シリーズの名脇役アントン。彼の波乱万丈の軌跡を辿る。 ちなみにアントンに両想いの恋人ができたらプラチナトロフィー(←大嘘...