ゴリラ脱毛のヤグレーザー1回でヒゲがごっそり抜けた体験談

ゴリラクリニック

ゴリラクリニックにヒゲ脱毛に行ったら一回の施術でとても効果があったよ!というお話。会員カードがイカす。

忙しい人のための結論

施術前ひげ剃る前

↑一日剃らないとこのくらいのヒゲの濃さで

施術前ひげ剃った後

剃った後↑こんな感じ男性が、ヒゲのゴリラ脱毛の施術一回(ヤグレーザー)で

擦ったら大量にヒゲが抜けた

キモくてすまん。
1週間後、風呂場で施術箇所を擦ったらこんな抜けた。引っ掻くごとにごっそり抜ける。
特にアゴ付近は主観で半分近く減ったのではないかと思います。ほほや顎は抜けやすく、鼻下は抜けにくいみたいですね。鼻下は痛いし強敵です。
※個人の体験

どのコースを申し込む?

ヒゲ脱毛完了コース施術部位 ゴリラクリニック公式ページより抜粋。

目的はヒゲの全抹消。……は無理でも、できるだけヒゲを消し去りたいので、ヒゲ脱毛完了コースを申し込みました。たかだかの施術で6回でヒゲ抹消まで持っていくのは無理ですので、長期的にお得なこのプランを選択しました。ただしこのヒゲ脱毛コースの施術可能時間帯は平日11:00~15:00までです。これ以外の時間帯は別途追加料金が要ります。(幸い自分は都合をつけやすかったので無問題)

8週間つまり約2ヶ月ごとに施術を行えますので、6回コース終了後、およそ17~18回各100円で施術を行える計算になりますので、ひげが濃い自分にとっては長期的にお得になると判断しました。

部位は「鼻下+アゴ+アゴ下」「ほほ・もみあげ」にしました。首部分にも一応生えてはいるんですが、それに45000円払う価値は感じないのでやめました。

ちなみに申し込むならa8からセルフバックでカウンセリングを申し込むと良いです。10000円戻ってきます(2019/6月現在)

カウンセリング申し込み

まずはヒゲのゴリラクリニック公式ページから
無料カウンセリング+脱毛の申し込みをしました。自分の家から一番近かったので、新宿院を平日で第三希望まで選択しました。

……するとなんと14分で返信が帰ってきました。はや。

どうやら新宿院は既に希望した日は埋まっていたらしく、空いているクリニックの時間帯を調べて頂いたみたいで、代わりに渋谷院の空いている日および時間帯をいくつか掲示して頂けました。親切。特に渋谷でも問題なかったので、希望日時を返信すると予約完了メールが来ました。

メールには来院日までの禁止事項や行うこと、持ち物が書かれています。
また、リマインダーとして来院の前日にショートメールが送られてきました。

施術当日

カウンセリング+ヒゲ脱毛当日の流れ

問診を書く

カウンセラーによるカウンセリング

医師によるカウンセリング

カウンセラーによる契約、書面等発行

施術

ここまでで90分くらいでした。

ゴリラクリニック渋谷院の内装

黒一色。
渋谷院は開院して間もないそうで、きれいでした。
ドリンクサーバーが置いてあり、来院者は無料で飲むことができます。

最初の受付時に番号札を受け取り、以後番号で呼ばれます。

スタッフは見たところ女性ばかりでした。自分を応対してくれた、カウンセラー、医師、脱毛施術者全員女性。ちなみに、二回目の来院では男性の医師がいました。医師以外は基本全員女性っぽいですね。

医療脱毛の説明とカウンセリング

カウンセリング室に案内され、初めにカウンセラーの方が応対。気さくでキレイな女性でした。
資料の入ったクリアファイルホルダーをめくりながら、脱毛について・脱毛後の注意点・料金体系・医療機器等について懇切丁寧に説明してくれました。

その後、カウンセラーが一旦退室し、医師が入室し、改めてカウンセリング&医師の視点からの脱毛の説明。この方もめっちゃ気さくで話しやすかったです。

カウンセラーから脱毛機器の話を聞いた後、痛いが効果は抜群の「ヤグレーザー」か、痛みはマイルドだが効果はヤグレーザーに劣る「メディオスター」で迷っていたのですが、医師の方の「痛いけど耐えられない痛みではない」という体験談(笑気ガスあり)を聞いて、ヤグレーザーで施術を受けることにしました(これは状況に応じて変更できるみたいです。事前に希望機器を伝える形だそうです)

医師の説明が終わった後、医師が退出し、再度先ほどのカウンセラーの応対脱毛コースの選択並びに契約書の発行を行いました。

自分は、「ヒゲ脱毛完了コース」「鼻下+アゴ+アゴ下」「ほほ・もみあげ」「笑気ガスあり」を選択しました。

笑気ガスをつけた理由は、自分は家庭用脱毛器「トリア」をヒゲに照射したことがあるのですが(最高出力で)特に鼻下が涙が出る程痛かったという経験と、痛みが強いヤグレーザーを選択したこともあり、さすがに痛みを和らげないとやばいんじゃないかと思ったからです。
まあ、上述の医師の体験談を聞いたのが決めてですね。

他にもお肌ケア等のオプションを勧められましたが、きっぱり断りました。敏感肌の自覚もないため。
気弱な人はホイホイ申し込んでしまうんだろうなぁ……、とか考えつつ、自分の担当のカウンセラーの人は、一度断るとそれ以上勧めてきませんでした。

いざヤグレーザー脱毛

一旦待合室に戻り、数分後施術室に案内されました。
施術担当の方は背の高いスラッとした女性でした。

本人確認後(氏名を言う)担当の方の案内に従い、ベッドに横になって射出部位をマーキング、その後笑気ガスを鼻に注入します。
繰り返し深呼吸していると段々意識が朦朧とした感じになってきました。「お酒の酔った感覚」と説明されることが多いみたいですが、確かにそんな感じだと思います(自分酒を嗜まないのでうろ覚えですが)

笑気ガスが十分に聞いてきたらいよいよ射出開始です。
レーザーの射出は一部位に連続5~10回打つ→別の部位を射出という感じです。
担当者の女性が射出する前に「はいっ」と必ず掛け声を言ってくれたのですが、これが凄く良かったです。
順番は左(右)のほほとアゴとアゴ下→反対側のほほとアゴとアゴ下→笑気ガスのマスクを外して鼻下。

ウェブサイトに「レーザー脱毛の場合、一般的に10~15分程度です。」と書いてありましたが、「鼻下+アゴ+アゴ下」「ほほ・もみあげ」全部合わせて大体そのくらいでした。

終わった頃には体内から笑気ガスが抜けきっていないので、立ち上がると少しフラつきましたが、水を飲んで少し休むとすぐに戻りました。

脱毛は痛かった?

痛いです。熱痛い(あついたい)。←謎の日本語

なのですが、カウンセリングの際に医師の方の弁で、
「痛いけど耐えられない痛みではない」
という表現がぴったりな感じでなんとかなる痛みでした。個人的には、思ったより痛くなかったです。ただ、予想していた通り鼻下は物凄く痛かったので、笑気ガスを申しこんで良かったです。鼻下が一番痛いことを、担当者の方もよくわかっているので、鼻下射出の際は、気遣って頂きました。

初施術後翌日

事前に貰った炎症を抑える薬の効果があったかどうかわかりませんが、特に大きな問題はおこりませんでした。
直後はさすがに部位はヒリヒリしますが、夜には収まっています。
翌日以降、肌は多少赤く晴れていましたが、ひげそりにほとんど影響なし。多少ヒリヒリした痛みがあるくらい。

初施術後1週間後

冒頭に戻ります。

擦ったら大量にヒゲが抜けた

↑は一週間後の風呂場の写真。
顎の周辺を爪で引っ掻いたら、大量に抜ける、抜ける。強い力を要らず次々にひげが取れおちる感覚。正直感動した。

施術二回目以降

現在合計2回受けました。
2回目もやはりおよそ一週間後に抜けました。
抜けた本数は1回目の半分くらいだと思いますが、同じように照射部位をこすったらスルリと抜けました。

スポンサーリンク