TortoiseGitでリモートリポジトリとローカルリポジトリを作成する

TortoiseGitが便利すぎる。新規開発時に大体行う作業なのだが、たまに忘れるのでメモ。

やること

windows用のgitクライアントソフト「TortoiseGit」を用いて
ローカル環境にローカルリポジトリを、
サーバの任意の場所にリモートリポジトリを作成する。

手順

「TortoiseGit」がローカルマシンにインストールされていることを前提としています。

リモートリポジトリ作成

任意のサーバにログインし、

git initコマンドで任意のディレクトリにリモートリポジトリを作成します。
オプションとして –bare を足すことでリモートリポジトリとして機能します。
–sharedも付け足すと共有リポジトリに。

ちなみにリモートリポジトリを.gitで終わる名前にするのは慣例だそう。

ローカルリポジトリ作成

ローカルリポジトリを作成したいディレクトリ上で右クリックをし、
「Git ここにリポジトリを作成」を選択します。
Bareを生成するかどうか聞かれますので、チェックを入れずにOKを押します。
(これはリモートではないので)

.gitという管理ディレクトリが生成されます。

次に.gitを作成した作業ディレクトリ内で
[TortoiseGit]→[追加]で作業ディレクトリ内のファイルをgitの管理下に置きます。

管理下に置いたら
[Git コミット]でコミットを行います。
コミット名は適当にどうぞ。

リモートリポジトリにプッシュする

リポートリポジトリにローカルの変更履歴をプッシュします。

右クリック→[Git プッシュ]を選択し、
開いたウインドウの宛先メニューの[管理]を選択します。

プッシュ先の指定

リモートに任意の名前(空だとorigin)
URLにローカルリポジトリのURLを入力しOK、プッシュメニューでまたOKを押し、
サーバのパスワードを入力してプッシュ完了です。

これでローカルとリモートの環境が完成しました。

リモートリポジトリからローカルリポジトリを作成

既にあるリモートリポジトリからローカルリポジトリを作成するには、
右クリック→[Git クローン(複製)]でリモートリポジトリの場所を入力し、
OKボタンを押すとローカルリポジトリが作成できます。

パーミッションと権限の設定

リモートリポジトリを作成したのは良いが、
パーミッションの設定がおかしいとプッシュやプルができなかったりします。

以下のコマンドでリポジトリ以下の全てのファイルの設定を変更できます。

rootの部分はオーナーで、
wheelの部分はグループです。