10日間断食した結果、何キロ痩せるのか?

断食の体重の変化

かつて自分は10日間の水断食をしました。体重の変動に着目をしたまとめ。

水断食とは

まず、水断食とは何か?という所から触れておきます。

水断食とは、読んで字の如し水しか飲んではいけない断食のことです。

三日間なら三日間、一週間なら一週間、二週間なら二週間、水だけで過ごします(水だけです。茶やその他の飲み物もNG)

巷には、寒天断食、酵素断食、等それ断食って言えるのか?という様々な断食が存在するようですが、基本的に断食は体に何も入れない方が効果が高いです。

が、その代わり何も入れない程苦痛を伴います。

ちなみに一番効果が高いと言われているのがドライ断食。

ドライ断食は固形物の食べ物はもちろん、水の摂取すら許されません。水断食はドライ断食に次いで効果が高いです。筆者はこの水断食を10日間行いました。

どのくらい体重が減少したのか

人が断食をする動機で一番多いのが、ダイエット目的です。

だからぶっちゃけどのくらい痩せるのか気になる人が一番多いと思います。という訳で10日間の体重の推移をデータ化してみました。

10日間の体組織の推移

断食の体重の変化表

体重:63.85kg → 55.45kgつまり8.4kg減っています。

ウエストも77.0cm → 69.5cmでマイナス7.5cm。相当減っていますね。ちなみに私の経験では、体重が重ければ重いほど減る値も大きいです。

計測時間は起床後です。日によって計測時刻がバラバラなのは、睡眠時間が不規則なためです。

以下は体重の推移グラフ

断食の体重の変化グラフ

計測方法

  • チェスト
  • ウエスト
  • ヒップ

この三つは、以下のメジャーを使用して計測しました。

  • チェスト → 脇のすぐ下の高さで計測
  • ウエスト → お腹部分のへその高さ部分で計測
  • ヒップ → お尻の一番膨らんでいる箇所を計測

それ以外の項目は、 以下の体組織計で計測しました。

体重は減少したが喜ぶのはまだ早い

「へー…10日間断食すれば8.4kgも痩せるのか。結構減るじゃん」

と思ったそこの貴方。喜ぶのはまだ早い。
下の図の体重と体脂肪率の推移に注目してほしい。

断食の体重の変化表抜粋

開始日18.1%だったのが4日後に15.2%に落ちていますが、ここから日数が経つにつれて増加し、10日後には17.8%とほぼ元に戻っています。

このことから、体脂肪はあまり減っていない、ということ。
計算してみると、

  • 3/30の体脂肪量:63.85×0.181=11.6kg
  • 14/09の体脂肪量:55.45×0.178=9.9kg
  • 11.6-9.9=1.7kg

8.4kgのうちたった1.7kgしか脂肪は減っていないようです。

とは言え、この体組織計で使用されているインピーダンス法(体に微弱電流を流してその抵抗の値で体脂肪等を計測する)の精度はあまり良くなく、
体内の水分量で体脂肪率が簡単に変動したりする(水分を多く摂ると体脂肪率が増えるらしい)そうなので、
実際にはもっと減っているかと思われます。
更に計測時間帯が不規則なことも影響しています。

脂肪が減っていないとなると何が減っているのか

筋肉も減っているでしょうが、大部分は水分です。断食等の食事制限をすると、まず体の中から水分が出ていき、その後ゆるやかに脂肪が減っていきます(筋肉も)

水分は脂肪や筋肉に比べて同じ体積あたりの重量が重いので、断食初期に急速に体重が減少します。中でも塩分の多い食事を好む人は特に顕著です。

体に余計な塩分を取り込むと、希釈のため大量の水分が必要になります。

断食をすると、体内への塩分摂取がストップするため、体内の塩分量が減るとともに希釈している水分も体外に排出され劇的に体重が減るという訳です。

ちなみにテレビのダイエット企画等で、「わずか短い間で体重マイナス~kg!!」とか特集されることがよくありますが、水分が減ったというだけで脂肪はあまり減っていません。

これを脂肪が減ったと勘違いして「こんな短期間に体重が減ったんだから、ちょっとはおいしいものを食べていいよね!」というのがありがちなパターンです。

元の食生活に戻ると、水分を蓄え、一瞬で体重が戻ります。

まとめ

  • 10日間断食をしても体重やウエストに比べて脂肪量はあまり減らない。
  • 減っているのはほぼ水分。

実は断食において復食(断食後、胃などの体の機能全般を徐々に元の食事に慣れさせること)が一番大変です。

断食後一旦なにかしらの食べ物を摂取するとこれまで体験したことのない凄まじい食欲が襲ってきます。

これに負けてしまい、肥満していたころの食生活に戻してしまうと絵に描いたリバウンドの完成です。

こういったこともあり、一週間等の比較的長い断食を軽い気持ちでのダイエット目的で行うのはおすすめしません。
「断食が終わったらおいしいものを好きなだけ食べるんだ!」
とか考える人が一番終わってます。間違いなくすぐ元の体型に戻ります。

断食後もこれまでの怠惰な食生活をずっと捨てていくぐらいの覚悟がなければ無駄になります。

今回はあくまでどのくらい体重が減少するのか?にテーマを絞ったため触れていませんが、断食はうまくやると感覚が鋭くなったり、美肌になったりと様々な恩恵があります。

体型の変化に比べるとかなり気づきにくいですが、筆者もその恩恵を少なからず感じました。